彼女ができない理由について

彼女ができない理由としてまず考えられるのは、「行動の範囲を広げようとしない」ことです。職場と自宅の行き帰りの連続の日々の中、週間1日か2日のお休み以外は全くプライベートの時間なんて全然無いという方が大半です。仕事で疲れているから休みの日は家でゴロゴロと寝て過ごす。口癖は面倒くさい。だから、スポーツジムやイベントに行くとか誰かに誘われない限り、まったく行動に移さない。今更、職場での恋愛が芽生える環境でもないし、日々の生活でドラマのようなひとめぼれの出会い「棚ボタ」なんてありえない! 休日を上手に利用して非日常をいかにとりいれるか! 昔と違って今は情報化社会です。色んなイベントを調べようと思ったらやる気の問題だと思います♪ 「面倒くさい」と行動しないほうが楽のようですが、自然な出会いで彼女と知り合えるタイムリミットはあなたにどのくらい残っているのか、あなたは気づいていますが? 行動しない方がリスクだと思いませんか? 「彼女が欲しい」、「結婚はいつかはしたい」と言っていながら何も行動に移していないそこの男性諸君! 出会いは作るものですからね。お見合い、婚活パーティーなどで出会うことであなたの行動範囲もきっと広がると思います。結婚相談所のお世話にならないためにも早期の段階で婚活に精を入れるのが大切です。

男性への婚活アドバイス

「交際中の費用は全額男性もち? それとも割り勘?」
多くの結婚相談所では、直接紹介の際、お茶代・飲食代は男性負担です。女性の方にもおごってもらい易いように、「今日は○○さんに甘えて下さい♪」と両者の前であえて言うことで、おごり、おごってもらいやすいような環境を整えます。最近は一円単位まで割り勘にするカップルも居るようですが、男性ならカッコつけるべき時はちゃんとかっこつけた方が恋的に思われます。「常識でしょ」とあなたは思ったでしょうが、それができていない男性があまりにも多いので書いています。サロン内の個室で3人で紹介をして、その後お二人での時間後、解散という流れになります。なのでお茶代は一切、不要です♪ しかし、稀に飲食店でお引き合わせする場合があります。その際、先ほどのお茶代・飲食費は男性負担です。女性の方にはおごってもらい易いように、「今日は○○さんに甘えましょう」とって退散し、事後報告をいただくのですが、たまに「割り勘にしてもらました。」という男性がいます。「もらえました」ですよ((+_+))
お膳立てしているんだから、そこは、予定通りに会計してもらった方が絶対良いと思います。それで肝心のお見合いの結果の方はというと…案の定の結果です。もちろん、「大丈夫、ここは僕が」とおっしゃっていると思うますが、それでも女性の方から数千円を出してくれたらその男性は女性に対してとても交換を持てただろうし嬉しかったでしょう。しかし、それを断りもせず受け取った彼に対して、女性からの評価はどうでしょうか?このことがこの度のお見合いの残念な結果の原因とはいいませんが、このおごってもらうか、割り勘か?おごるかで相手も自分も気分は上がったり下がったり絶対にしています。

あなたは、恋愛がスタートしていく中で、おごってもらう派でしょうか、それとも割り勘派でしょう、おごる派でしょうか?

基本スタイルとしては、男性はデート費用を「おごる」と位置づけ、腹を決めましょう。決めてたら、割り勘やサプライズで彼女が出してくれたら嬉しいし彼女に好感をもてますよね? そして女性は常におごってもらうのではなく、割り勘を提案すると男性に喜んでもらえるのですから、6:4の4負担してあげると良好な関係構築に発展しやすいはずです。たまーに御馳走になることもありますが、やはりうれしいですからね!

婚活についての雑感

婚活においては外見だけがすべてではありません。内面磨きについては実例も公開しながら反面教師として客観的に見ていただける内容をご用意しておりますので参考になさってください。外見とは顔だけではありません。美意識の高い女子においてはヘアースタイルやファッションについてはほとんどの方が〇です。もし△でも今後の事は大丈夫です。ギャップ効果が期待できます。内面(優しさや気配り)=利他的な行動が取れる方と定義します。外見(顔立ちや可愛さ)=笑顔やボディータッチなどの立ち居振る舞いとします。この「外見」を磨き、男心や男性心理を理解しながら接していくことでコツがつかめるかと思いますので是非活用してみてください。自分に置き換えて当てはまることが出てきます。参考になさってください。初めに書きましたが、自然の出会いの道が整備されていないあなたにとって内面(優しさや気配り)=利他的な行動と外見(顔立ちやかわいらしさ)=笑顔やボディータッチなどの立ち居振る舞い、そして実行に移すための「やる気」です。この3つが肝になります。「内面」「外見」「やる気」この3つであります!

良い出逢いはいつあるのかしら…

「あの人とても感じ良いな~と思ったら、みんな既婚者ばっかり”(-“”-)”」

この歳にもなると友人も既婚者ばかりで私も20代の頃にさっさと結婚しておけば良かったのに( ;∀;)

でも!何とか40歳までにはどうにかしたいと思っています。でも全然出会いがないんです!

非常に多い悩みの定番です。では、これからどうしましょうか?

出逢いは訪れるものからもしれませんが、気づくことかもしれません!そして意識すること!

出逢いがないと悩んでいるあんたも実は何らかの出会いを毎日繰り返してます。極端ですが、道ですれ違う人々やお客さんとして来店された方、患者さんや飲食店の店員さん。

この交わることのない点と点を出会いに変えていくことが大切です。声を掛けるか掛けないか?選択する行動によっては、点と点が線に変わる可能性もゼロではありません。しかし!これはハードルが高いお話ですよね?

じゃあこの際、婚活パーティーに参加をしてみて利害の一致している者同士が集まるイベントに参加してみては?とこうりますが、相談者曰く、そういうところでは顔面偏差値とでも言いますか、ちょっとビジュアルが足りない方が多い印象です((+_+))

でも!行動に移さなければ宝くじと同じです。買わなければ絶対に当たらない。参加してみなければ絶対日々の繰り返しです。きちんと年齢制限や趣味で絞ったイベントなど、各地で絶対に開催されていますので楽しみながら探してみましょう!