婚活のマル秘テクニックを公開!

①ウインザー効果の有効活用

直接伝わる情報よりも、第三者を介して入ってきた情報の方が強い情報のように伝わる効果の事です。こちらもマーケティングの手法で「口コミ効果」とも言われる原理です。例えば部長からの直接のお褒めもうれしいものですが、第三者の課長から「この前、部長が君の事を褒めていたよ。」と聞かされると、信ぴょう性が増すような気持になりませんか。友達同士でコンパに参加するなら、お互い友人の長所を異性にアピールしてあげると効果ありそうですね。

②単純接触効果の有効活用

会ってる時間よりも回数の方が多いほど、親しみが増す効果です。婚活イベントなどでは、同じ人との再会を嫌う方が多いのですが、その分親しみがわいて距離は縮まっているはずです。でも、この場面では一度過去にダメと決めつけた以上プライドが反射的に無いないという行動にさせているみたいです。実際、ひとめぼれは熱しやすく冷めやすい傾向があります。かたや単純接触により、じわじわ好意を抱いたほうが覚めにくい傾向があります。学生の頃、クラス替えの頃は全く意識していなかったN君のことが夏休み前には、何だか気が付くとN君を目で追っていた記憶があなたにもありますよね?

イベントでカップルになったあなたは、その後、3度の再開を意識してみることをおすすめします。

③3セット理論の有効活用

3という数字は先ほども3回会いましょうとか、第三者とか興味深い数字です。3回目の壁の突破として商品購入による固定客になるかどうかの場面でも使われます。同じように人は3回目でその人の事を「○○な人」と位置付けるとされています。なので、3回目の再開が可能かどうかもとても重要になります。もしその3回目を突破したら今後は単純接触が繰り返されます。そして、告白のタイミングは3ヶ月以内がベストらしいですね。そこまで頑張れば上手く彼からの告白を期限内に導くことも可能です。

30代女子婚活必勝法

このブログでは、恋愛本を読んだり経験したりしたことを踏まえて私独自の恋愛観・結婚観について書いていきます。

1.ギャップ効果の有効活用

初めの印象より後の印象の方が強い印象に残る効果のこを表します。いつもみんなの前では、ボーイッシュな服装の女子なのに、彼の前だけではワンピースで女の子っぽい服装による「特別感」を演出すると、当然、効果が期待できそうですね♪

見た目に清楚なイメージだったのに、家事などがさつの場合は逆ギャップ(笑)です。

2.返報性の原理の有効活用

マーケティングにも使われる効果ですが、先出しの原理です。ショッピングモールでアンケートに協力を依頼されたとして、忙しいあなたはスルーしませんか?でもアンケートの依頼の前に、福引き1回無料券を手渡されてから、アンケートに協力された場合では何となく協力しないと悪い気持ちになると思います。

こういう効果を恋愛の場面では、「好意の返報性」と言います。好意を先出しにすることで相手にも好意的になってもらうことができます。視線がよく合うとか、軽いボディータッチなど、さりげなく好意を示してみてください。

3.自己開示の有効活用

上辺だけの個人情報の開示だけではなくて、もっと深く自分の事を彼に告白することで特別な存在と思っていることが彼に伝わります。さらには、ここにも返報性の原理が効果を発揮します。先に、自分のことを話してくれたことで彼の方もちゃんと向き合った話を、あなた以上の情報にてさらけ出そうとなさるはずです。

実際、私自身も親友と呼べる数人には、まず自分の恥ずかしいところを先に開示した結果、今でも仲良くさせてもらっています。友達作りにも効果的ですし、信頼関係を早く築くメリットがあります。

このような感じで私自身も婚活をしている女性の一人として頑張っていきたいと思います(^_-)-☆
結婚相談所は婚活の最後の砦と言われているようなので、できればお世話にはなりたくないのですが、場合によってあ結婚相談所も婚活の一つの選択肢として考えておきたいと思います。