自我は婚活には不要なんです!

頑固というか、「この歳までこれで生きてこれたから今の自分を良いって受け入れてくれるまで云々」

ごもっともと言いたいところですがこれも裏を返せば面倒な気持ちが見え隠れしています。分からないこと、未知の分野を今更取り入れるのは面倒臭いという感覚からでしょうか? 先ほどの言葉「今の自分を良いって受けていれてくれる人と出会うまで云々…」で済ませてます。何も自己改善していないんだから今後も今までの結果がこれからも続くのではないでしょうかこれからどんどん若がえっていくなら可能性ありですが逆なのですから何かで補うことをしていかなければいけません。結婚相談所では選び選ばれ合う中で絶対的に言えることがあります。「あなたが悪いわけではありません。」しかし!「あなたじゃなくても良いのです。」この感覚、選ぼうとしているあなたも共感はできますよね? 結婚相談所だと出会いがないのか? それとも受け入れることができないのか?この感情の部分が大切です。婚活における運命自招の精神が肝要です。運命とは自ら招き入れ、境遇は自らが作ることです。「運命は天のみぞ知る」とか「果報は寝て待て」とか言うのは全部やり切った人が言うべきことであってぐずぐずしてはいけません。ラブレーという方の名言に「チャンスは前頭だけに髪の毛があり、後ろ頭は剥げている。」もしこれに出会ったら前髪を捉えろ。一度逃したら、神様でもこれを捉えることはできません。結婚相談所では結局は過去の自分の行いにより、今の境遇を自分で作っているわけですからそれに不満なら、自分の行動を自分の意志で今変えてやり抜こう! やれば必ずできますよと言い残してその方は高級外車に乗って帰っていきました。その方は過去に不条理な別れを経験しました。話を聞いて私はこのご夫婦共々に同情しました。離婚後、彼は決意しました。経済的な不安を抱えていきなくてよい自分になることをです。それは自分のためであり、いつか出会う生涯の伴侶の為です。そして今を作りました。次の目標はそんなにガツガツはしてませんが、生涯無二の伴侶を受け入れることらしいです。伴侶と出会うというのではなくて自らがまずは受け入れると考えています。なので、相手に対しての要望はまるでないのです。出会うべくして出会うことを悟っているのです。その橋渡しの役目を私は頂戴し、背筋が伸びました。経済力や明るい性格は良しとして他も非の打ちどころがない方とは決して言えません。外見に関しては正直不利な面もあります。過去の離婚歴も不利です。しかし、おっしゃる内容から考え方や明るい性格がしかるべきタイミングで丁度良い方と必然的な出会いの結果、たぶんこの方はまた自分の運命を作り出していくのではないだろうかと高級イタリア車のテールランプを見送りながら感じさせられました。婚活が上手くいかないと結婚相談なさる方によくある反応ですが、「なら!これからどうしましょうか?」と尋ねると…。「それが分かれば苦労はしない。」と口をそろえたように言います。答えはすでに彼が押してくれました。出来ることから初めてみてください。

それは結婚相談所に行って婚活をするという場合も同様ですよ。よく「結婚相談所に登録しているのがばれないのだろうか?、ばれるのはいやだ。」ということで知人や友人、家族に内緒で婚活をしようとしている方もいますがそれは愚の骨頂。結婚相談所での婚活をばれないかどうかびくびくする前に目の前の婚活を楽しみましょう。一応、そんなにばれたくないということであればばれないための方法を説明したサイトをご紹介しておきます。

こちらです⇒結婚相談所 ばれない

このあたりを参考にする限りでは、そもそも結婚相談所というのは周囲にばれにくい環境にあるのでそんなに心配はする必要もないようですね。