男性への婚活アドバイス

「交際中の費用は全額男性もち? それとも割り勘?」
多くの結婚相談所では、直接紹介の際、お茶代・飲食代は男性負担です。女性の方にもおごってもらい易いように、「今日は○○さんに甘えて下さい♪」と両者の前であえて言うことで、おごり、おごってもらいやすいような環境を整えます。最近は一円単位まで割り勘にするカップルも居るようですが、男性ならカッコつけるべき時はちゃんとかっこつけた方が恋的に思われます。「常識でしょ」とあなたは思ったでしょうが、それができていない男性があまりにも多いので書いています。サロン内の個室で3人で紹介をして、その後お二人での時間後、解散という流れになります。なのでお茶代は一切、不要です♪ しかし、稀に飲食店でお引き合わせする場合があります。その際、先ほどのお茶代・飲食費は男性負担です。女性の方にはおごってもらい易いように、「今日は○○さんに甘えましょう」とって退散し、事後報告をいただくのですが、たまに「割り勘にしてもらました。」という男性がいます。「もらえました」ですよ((+_+))
お膳立てしているんだから、そこは、予定通りに会計してもらった方が絶対良いと思います。それで肝心のお見合いの結果の方はというと…案の定の結果です。もちろん、「大丈夫、ここは僕が」とおっしゃっていると思うますが、それでも女性の方から数千円を出してくれたらその男性は女性に対してとても交換を持てただろうし嬉しかったでしょう。しかし、それを断りもせず受け取った彼に対して、女性からの評価はどうでしょうか?このことがこの度のお見合いの残念な結果の原因とはいいませんが、このおごってもらうか、割り勘か?おごるかで相手も自分も気分は上がったり下がったり絶対にしています。

あなたは、恋愛がスタートしていく中で、おごってもらう派でしょうか、それとも割り勘派でしょう、おごる派でしょうか?

基本スタイルとしては、男性はデート費用を「おごる」と位置づけ、腹を決めましょう。決めてたら、割り勘やサプライズで彼女が出してくれたら嬉しいし彼女に好感をもてますよね? そして女性は常におごってもらうのではなく、割り勘を提案すると男性に喜んでもらえるのですから、6:4の4負担してあげると良好な関係構築に発展しやすいはずです。たまーに御馳走になることもありますが、やはりうれしいですからね!